季節

メタセコイア並木道の紅葉狩り2019混雑しない穴場やランチ、駐車場は?

初回投稿日:

紅葉狩りの季節、山や国定公園などが定番スポットになっていますが、滋賀県・マキノ高原の『メタセコイア並木』の道路脇に生い茂っている紅葉も見物です。

 

今から10年ほど前ぐらいに世間のスポットライトが当たり始め、当時は知られ始めたばかりということもあって並木道全部が穴場でしたが、年々紅葉シーズンの観光客が増えて穴場から定番化して、それぞれインスタ映えさせるための絶好撮影スポットの取り合い状態になっています。

 

そこで今回この記事では、

  • 今でも人が少な目の穴場撮影スポット
  • ランチ・カフェに適した場所
  • 駐車場

について、お伝えしていきます。

 

滋賀・メタセコイア並木道の紅葉狩りで混雑しない穴場

スポンサーリンク

メタセコイア並木道は、県道小荒路牧野線の約2.4キロの区間にわたって生い茂る並木道で、マキノピックランドから響雲山瑞光院というお寺まで延びています。

 

 

この区間全てが混んでいるかというと決してそうではなく、比較的混雑しない穴場もあるので、それをこれから紹介していきましょう。

 

紅葉狩り穴場撮影スポット

長い並木道の真ん中あたり、特にマキノピックランド周りは激混みです。

 

つまり、そこを外した並木道の端付近が比較的混雑しないと言われています。

日によっては、ほとんど誰もいない日もあるそうなので、かなりの穴場でしょう。

 

(出典:http://makinokougen.co.jp/publics/index/45/)

 

並木道の向こう側には人がいるので、撮影の時は工夫がいります。

 

ランチ・カフェ

マキノ高原の中ですから、食事の場所もおのずと限られてきますが、紅葉狩りの季節でも割と混雑しないお店を紹介しましょう。

 

ビーパス年輪

(出典:https://tabelog.com/shiga/A2505/A250501/25000582/)

 

メタセコイア並木道から少し離れたところのクレープ屋さんで、ボリューミーなクレープが安く食べられると評判です。

クレープだけでなくハンバーガーもあるのでランチとしても土俵に上げられるお店です。

メタセコイア並木道から少し離れているので紅葉シーズンでもさほど影響ないですが、ドライブスルーもあるので万一混んでいたらサッとお持ち帰りもできて便利です。

 

和風お食事処ととろ

(出典:https://tabelog.com/shiga/A2505/A250501/25001636/)

 

こちらもメタセコイア並木道からは離れているので紅葉シーズン関係ないですが、少し高級感のあるところなので、予約がいっぱいのときは飛び入りで入れない可能性があります。

 

店の名前を見ると”とろろ”とよく勘違いされますが、”ととろ”です。

『となりのトトロ』を連想しますが、店の名前からは何の料理なのか想像がつきません。

 

どうやら『おまかせ定食』というのが一番人気らしく、冒頭の写真がそれになります。

とろろは入っていませんが、料理からしても和風の高級感ある雰囲気です。

 

コティカフェ

(出典:https://tabelog.com/shiga/A2505/A250501/25005847/)

 

メタセコイア並木道近くに佇むカフェで、ここも割と穴場になっていると言われています。

 

カフェを名乗っていますが、ドリアや期間限定のハンバーグランチもあったりなど、がっつり食事としても使えます。

 

駐車場情報

スポンサーリンク

メタセコイア並木道は高原の県道上にあることから、やはりクルマでのアクセスがベストであり、その場合駐車場探しに苦労することと思います。

 

実際、使える駐車場は限られていて混雑することもあるので、入庫時間には気を付けたいところです。

 

マキノピックランド駐車場

メタセコイア並木道の駐車場で最も有名なのが、農業公園『マキノピックランド』の駐車場です。

 

いちばん知られているだけに、駐車場を利用したい場合には朝8時からの入庫をオススメします。遅くとも9時がリミットで、10時を過ぎてしまうと確実に満車になってしまいます。

 

 

チェック
  • 営業時間:9:00~17:00(11月~3月)
  • 定休日:水曜日
  • 駐車料金:無料
  • 収容台数:
    普通車155台
    大型車10台
  • 所在地:高島市マキノ町牧野931番地

 

 

ここは駐車場としてだけでなく、トイレやちょっとした買い物にも利用できるので、辺鄙な高原の中のオアシスといった感じに利用できます。

 

メタセコイア並木道をドライブスルー

クルマで来たけど駐車場が満車だった…(泣)

なんてときは、いっそのこと並木道をゆっくり通り抜けながら車内から紅葉狩りするのもアリです。

 

 

クルマ以外のアクセス

メタセコイア並木道の周辺駐車場は『マキノピックランド』1ヵ所のみということもあり、どうしても紅葉狩りの季節になるとクルマでは行きづらくなります。

 

調べたところ、幸いにもクルマ以外に2通りのアクセス方法があるので、それを紹介しましょう。

 

バス

JR湖西線・マキノ駅から高島市コミュニティバス・マキノ高原線で『マキノピックランド』バス停まで直通です。

 

ただ、バスは1時間に1本あるかないかですので、時刻表には気をつけておきましょう。

 

レンタサイクル

JRマキノ駅に観光案内所があるので、そこでレンタサイクルが借りられます。

ただ、飛び入りでいきなりレンタルはできないので、2日前までの予約が必要です。

 

レンタサイクルは貸りた場所に戻す『町内レンタサイクル』と乗り捨てが出来る『乗り捨てレンタサイクル』があります。

 

 

チェック
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 料金:
    <一般車>
    2時間400円
    3時間600円
    4時間800円
    6時間900円
    24時間1,100円
    ※超過料金1時間ごとに200円
    <スポーツ車>
    3時間900円
    4時間1,100 円
    6時間1,300 円
    24時間1,700 円
  • 必要書類:運転免許証などの身分証
  • その他:案内HPにて

 

 

まとめ

滋賀県、マキノ高原の『メタセコイア並木道』の穴場スポット等をお伝えしてきました。

もう一度、簡単におさらいしておきましょう。

 

 

まとめ▼

<穴場撮影スポット>

マキノピックランド周辺を外した並木道末端

<ランチ・カフェ>

  • ビーパス年輪(クレープ)
  • 和風お食事処ととろ(和食)
  • コティカフェ

<駐車場>

『マキノピックランド』のみ。

満車の場合は、並木道をドライブスルー観光するのもアリ

 

スポンサーリンク

-季節

Copyright© いんたれスクエア , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.