季節

世界の紅葉ライトアップ京都府立植物園~混雑しない穴場や駐車場は?

初回投稿日:

次第に秋が深まってきて、冬並みの寒さも感じる時期となりました。

秋が深まれば紅葉狩り

寒さが増すごとにいっそう美しくなるのが紅葉の魅力ですね。

 

特に、京都の紅葉の名所は世界的にも有名で、お寺の紅葉狩りなんかに行くとどこも人だらけ…。

まして、夜の紅葉ライトアップなんかは、秋のイルミネーション的な位置付けになるので、昼間よりもさらに混雑具合に磨きがかかります。

 

そんな紅葉の名所・京都でも、京都府立植物園なら比較的空いていて京都全体の中での穴場と言われています。

そして、2019年は京都府立植物園では初開催となる『世界の紅葉ライトアップ』が実施されます。

 

植物園の中の穴場スポットや、クルマで行く際の駐車場の案内をこの記事で説明していこうと思います。

 

世界の紅葉ライトアップ~混雑しない穴場

スポンサーリンク

始めに説明したように、京都府立植物園は紅葉の季節でも全体的に人混みが少なく、すべてが穴場といった感じです。

やはり、植物園自体がかなりの広さで、たくさん人が訪れても混雑しにくいのが理由と思われます。

 

ただ、ライトアップとなるとどうなるのか、少し予想してみることにしましょう。

 

紅葉は日本だけの植物ではなく、世界各地でも楽しめるもので、さらにそのライトアップを今年初めて京都府立植物園でも楽しめるということですが、この植物園には、

 

  • イロハモミジ
  • メタセコイア
  • フウ

などが光で演出されます。

 

ライトアップの場所は、

  • なからぎの森
  • くすのき並木

の2ヵ所ですが、それぞれの場所の混雑具合を見てみましょう。

 

なからぎの森

(出典:https://otsukyon.at.webry.info/201512/article_9.html)

 

0.5ヘクタールの広大な敷地で、神社の鳥居が目印です。

写真で見るように、本当に深い森になっていて、ほぼ完全な自然のままですから、近くに売店などがありません。

 

寒くて売店がないとなると、人も集まりにくいのかも知れません。

 

くすのき並木

対して、『くすのき並木』のほうは、正門・駐輪場近くから入ったところすぐにありますから、とりわけ人が集まりやすい場所にあります。

 

(出典:https://souda-kyoto.jp/blog/00612.html)

 

京都府立植物園の紅葉ライトアップは2019年が初ですが、クリスマス期間中はイルミネーションで彩られます。

その際、やはり正門入ってすぐの好アクセスですから人は多いそうです。

しかし、人は多くても”混雑感”はなくゆったり見られるとのことで、クリスマス前に気持ちが盛り上がるカップルたちに人気です。

 

観覧温室で暖をとろう

(出典:https://www.pref.kyoto.jp/plant/11900018.html)

 

次に、追加料金200円で入れる『観覧温室』のご紹介です。

 

ここでライトアップは行われませんが、やはり寒い季節ですから暖房の効いた室内はありがたいです。

 

ここでは、熱帯地域でしか見られない植物や、1日で枯れてしまうバオバブの花があり、絶対に日本国内では見かけないので、200円の価値はあります。

ただ、熱帯ですから外との気温差が大きく、真冬の厚着のまま入るとけっこう暑いです。

 

室内でもけっこうな広さなので、混雑することもほぼないでしょう。

 

駐車場の案内

スポンサーリンク

サイトによっては、京都府立植物園には駐車場がないと紹介されていますが、有料駐車場が約150台分くらいあります。

 

 

専用駐車場
  • 開門時間:9:00~18:30
  • 料金:一律800円

 

 

正直、大人数で何時間も居るなら別ですが、1~2時間停める程度ならちょっと高い気がします。

 

そこで、近隣の安い駐車場がないか、調べてみました。

 

<タイムズ下鴨西梅ノ木町>

  • 台数:15台
  • 営業時間:24時間
  • 料金:
    08:00-00:00…60分 220円
    00:00-08:00…60分 110円
  • アクセス:植物園より徒歩11分

 

<タイムズ下鴨神殿町>

  • 台数:15台
  • 営業時間:24時間
  • 料金:
    08:00-22:00…40分 220円
    22:00-08:00…60分 110円
    駐車後24時間 最大料金770円
  • アクセス:植物園より徒歩8分

<タイムズノートルダム前>

  • 台数:7台
  • 営業時間:24時間
  • 料金:
    07:00-21:00…40分 220円
    21:00-07:00…60分 110円
  • アクセス:植物園より徒歩10分

<タイムズ下鴨上川原町>

  • 台数:4台
  • 営業時間:24時間
  • 料金:
    全日…60分 220円
    駐車後24時間 最大料金1320円
  • アクセス:植物園より徒歩7分

 

まとめ

以上、今年初開催となる京都府立植物園での夜間紅葉ライトアップについて調べてきました。

 

もう一度おさらいすると、植物園は全体的に人混みが少なく全てが穴場といってもいいぐらいゆったり紅葉狩りを楽しむことができます。

また、ライトアップ期間中は寒さが厳しくなるため、観覧温室を有効活用するのもいいでしょう。

 

駐車場は、植物園併設の駐車場に停められますが、1回800円と割高です。

少人数・短時間の観覧なら、空き状況を確認しながら近隣の駐車場を利用する方が良いでしょう。

スポンサーリンク

-季節

Copyright© いんたれスクエア , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.