ニュース

善竹富太郎は持病・基礎疾患があった?40歳の早すぎる訃報はこれが原因?

初回投稿日: 更新日:

大蔵流狂言師の善竹富太郎(ぜんちくとみたろう)が、昨今の社会的流行問題が原因で天へ召されるという、非常にショッキングなニュースが飛び込んできました。

 

ここのところ、感染拡大によりその脅威は有名人にまで広がっており、

  • 志村けん・・・70歳
  • 岡江久美子・・・63歳

そうそうたる有名人が天へ召されるという訃報が相次ぎました。

 

しかし、今回の場合はわずか40歳での訃報。

しかも著名人ですから、今回の報道が日本国内に再び衝撃が訪れたことは違いないでしょう。

 

アメリカでは若年層が亡くなるということも珍しくないので、そういう事がどこの国で起こってもおかしくはないのですが、いかんせん日本では初めてのケースになるので、善竹富太郎に何か持病があったのか?いたって健康な人でもどうなってもおかしくないのでしょうか?

 

そこで今回この記事では、善竹富太郎が最近何か持病を持っていなかったか、調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

善竹富太郎(ぜんちくとみたろう)の持病・基礎疾患は?

敗血症

 


今回の訃報で特に違和感を感じたのが、なぜ点に召されることになったのかという主原因。

 

志村けんも、岡江久美子も、肺炎でした。

しかし、善竹富太郎の場合は”敗血症”と言われています。

 

ということからすると、彼に何か別の病気があった可能性が高いのですが、そもそも敗血症は何らかの原因で免疫が低下していたり、糖尿病などの慢性疾患を持っている場合になりやすいと言われていますから、その可能性が考えられるでしょう。

 

肥満体型

写真を見て頂くと分かる通り、彼は若干ではありますが肥満体型ですね。

狂言師で有名な方には和泉元彌がいますが、彼をはじめ狂言師はわりとほっそりした体型の人が多いので、善竹富太郎が際立ってぽっちゃりしているように見えてしまいます。

 

先ほど、糖尿病(の傾向)の可能性を話しましたが、肥満体型であってもその可能性が高くなってしまいますから、やはり糖尿病になっていた、もしくは糖尿病傾向にあった可能性が濃厚だと思います。

 

まとめ

狂言師・善竹富太郎(ぜんちくとみたろう)が昨今の社会的問題によりわずか40歳の若さで亡くなるというショッキングなニュースで、彼に持病(基礎疾患)があったのか調べてきました。

 

先日、同じ原因で天へ召された志村けんや岡江久美子と異なる原因だったのが不自然で、それが持病があった可能性につながりますが、その最たるが糖尿病ではないかと考えられます。

 

しかし、若年著名人の訃報は全国民に衝撃を与えたはずですから、我々もなお一層気を引き締めなければならないと痛感しました。

 

予防するにはやっぱりマスク!

今回の若い著名人の訃報を受け、さらに気を付けようと気を引き締めた方も多いと思います。

 

やっぱりマスクが必須ですね。

つけていないだけで白い目で見られてしまいますが、品薄なのも現実。。

 

楽天なら土日祝日を除いて翌日発送で届けてくれるので、ぜひこの機会に注文を急いでおきましょう!

 

要チェック!

その他、マスクや消毒液に関する店舗・在庫情報を、店舗別・地域別にまとめたページをご用意しております。

⇒マスク、消毒液に関する店舗・在庫情報リスト

 

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© いんたれスクエア , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.