ゲーム

【モンハン】MHW人気復活モンスターは何?~大型アップデートが気になる

初回投稿日:

(出典:CAPCOM)

 

モンスターハンター(MHW)アイスボーンのロードマップが1月19日に公開されました。

 

大まかなスケジュールは、1月に『セリエナ祭』や『重ね着装備追加』のイベントがあり、その後イベントクエスト配信、タイトルやモンスターのアップデートが行われるとのことで、早くもモンハンプレイヤーの間では話題になっています。

 

中でも、5月の『大型アップデート』が注目されていて、その月には人気だったモンスターが復活するとのことです。

 

(出典:ファミ通)

 

プレイヤーたちは、その人気復活モンスターが誰なのかソワソワしている模様ですね。

 

そこで今回この記事では、5月のアップデートで復活するかもしれないモンスターが誰なのか、いくつか可能性を挙げてみましょう。

 

スポンサーリンク

MHWアイスボーンの人気復活モンスターとは誰?その候補を予想

当然ながら、”復活”なわけですから、これまでに未だ復活していないモンスターたちが候補になりますが、それが次の3体です。

 

ラージャン

(出典:CAPCOM)

 

候補の1体めは『ラージャン』

 

強靭な角が特徴ですが、見た目の通りかなりの凶暴性を持ち特級の危険生物と恐れられています。

「荒ぶる獣」「猛き狂王」「雷獣」など地域によってその異名は異なりますが、『古龍種』に次ぐ危険性を持つと言われています。

 

目撃報告が少ないことからも希少性が認められ、それが人気の爆発を呼んだようですね。

 

その少ない目撃報告によると、

  • フラヒヤ山脈
  • デデ砂漠
  • ラティオ活火山
  • 新大陸古龍調査団が滞在している「新大陸」
  • などで出現確率が高いといわれています。

 

ゴア・マガラ

(出典:GAMY)

 

こちらも目撃報告が非常に少ない希少モンスターで、見かけからは先ほどのラージャンよりも凶暴に見えます。

 

しかし、ゴア・マガラの攻撃は時間差かつ間接的なのが特徴。

その獰猛(どうもう)な見た目からは全く想像がつかないところが相手を油断させているのかも知れません。

 

十八番技は”黒い鱗粉”。

これを吸引した相手は常にゴア・マガラから位置を把握されてしまい、行動などに異常をきたしてしまうという厄介なモノ。

 

希少性は先ほどのラージャンをさらに凌ぐもので、調べた限りでは『遺跡平原』のみが挙がっていました。

 

ライゼクス

(出典:Appliv Games)

 

飛んでいる姿は美しい妖艶な蝶のようで思わず見とれてしまいますが、その外観とは裏腹な凶暴性と残忍さを持つモンスターです。

 

この種族は、親の育児放棄ゆえに子供の時からどんな手段を使ってでも生きることを強いられており、共食いも辞さないくらい凶暴な性格に育ってしまうと言われています。

 

一方、『あまり目撃しない』など希少性は特に話題になっておらず、『ココット村近隣の森丘』で目撃されているという情報があります。

 

 

以上3体の候補を挙げましたが、これらはみな狂犬タイプや獰猛なモンスターばかりですね。。

 

スポンサーリンク

他にも候補があった!

これまで紹介した3体以外にも、ウワサになっているものがたくさんあるようですが、その一部を紹介しましょう。

 


ここまでで、

 

 

人気復活モンスター候補Vol.2
  • オオナズチ
  • フルフル
  • ギギネブラ
  • アルバトリオン
  • セルレギオス
  • バルファルク
  • ミラボレアス

 

 

これだけ出ました!

 

先ほど紹介した『ラージャン』は、3月の大型タイトルアップデートの際に出現する特殊個体モンスターの候補に挙がるのでは?という声もありました。

 

さて、いったいどうなることやら・・・

 

まとめ

モンハン(MHW)アイスボーンのロードマップが公開され、5月の大型アップデートの時期に復活する人気モンスターが誰なのか、予想してみました。

 

結局、これまでに復活がまだのモンスターが候補に挙がってくるわけですが、

  • ラージャン
  • ゴア・マガラ
  • ライゼクス

の3体も濃厚ですが、オオナズチ、フルフル、ギギネブラ、アルバトリオン、セルレギオス、バルファルク、ミラボレアスもプレイヤーの間ではウワサされていましたね。

 

候補がたくさんあるので、意外な路線に走るのかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© いんたれスクエア , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.