芸能

眉村ちあきって誰?朝日奈央が泣いた理由や曲の歌詞は?ライブ情報も

初回投稿日:

9月22日(日)1:45放送の『ゴッドタン』(テレビ東京)で、ストイック暗記王・朝日奈央が眉村ちあきの歌に泣かされたと話題になっています。

その歌の全貌がこちら。

 

 

ストイック暗記王は、暗記の課題を与えておきながらそれを必死で邪魔する企画で、9月22日は眉村ちあきが邪魔もの役として出演していました。

そこで歌われた朝日奈央の過去を吐露する曲でした。

 

この記事では、その歌詞の全文書きおろしや、そもそも眉村ちあきって誰なのか?泣ける曲が聴けるコンサートの情報は?などお伝えしていきます。

 

『ゴッドタン』で披露された曲で朝日奈央が泣いた理由

 

スポンサーリンク


 

曲の歌詞

 

 

【朝日のように輝きたい】

『モデルさんになりたい』と夢を見た 彼女は大人に手を引かれ

連れてこられた別の場所 そこはアイドルという”少女の戦地”

 

『女の涙は我慢汁 普通泣いたらやめるけど俺はやめない』

 

そう言い笑う小さい鬼 知りたくもないバラエティの基礎

目指すべき本当の夢は いつしかゴミ箱の中に

何をしているのか分からぬまま 土俵際で戦うアイドルの日々

 

それでも有名になれば

ファッションショーに必ず出れると夢を切り替え

鬼のしごきに耐えるも その場所すら夢と消える

 

何かやれ 何かやれ あなたの恥ずかしい姿で笑う人がいるならやれ

何かやれ 自分で止めるな

朝日のように輝きたいなら

 

 

題名からウマいです!

名前にちなんで『朝日のように輝きたいなら』。

 

そして、歌詞の内容も朝日奈央本人にグサッとくるようなものでした。

 

朝日奈央が泣いた理由

朝日奈央の過去は、まさに眉村ちあきが披露した【朝日のように輝きたい】の中に凝縮されている通りでした。

 

彼女が芸能界デビューしたきっかけは2007年。小学3年生から愛読していたファッション誌『ラブベリー』の専属モデルオーディションに応募して特別賞を受賞したことがキッカケでした。

そして、翌年の2008年には、『アイドリング!!!』2期生に加入。

 

しかし、自分がやりたかったのはモデルのはず。なのに、なぜかアイドル??

当時の朝日は『アイドルなんて全然やりたくなかった』と思っていたそうです。

理由は、『男性に好かれるタイプではないから、アイドルは絶対に合っていないと思った』からだとか。

 

アイドル活動をする傍らで、モデルとしても活動していて、ナルミヤ・インターナショナルの新ブランド「Lovetoxic」のイメージモデルに抜擢されていました。

 

(出典:http://www.rising-pro.jp/news/news_archives/1002161900_asahi.html)

 

もともとモデル志望だった彼女は、気持ち的にはアイドルよりもそちらに重きを置いていたそうですが、彼女がモデルとして出ていた『ラブベリー』が2012年に休刊してしまいます。

しかし、モデルへの想いは諦めきれず、『必ず痩せるので、次のオーディションを受けさせてください!』と事務所にお願いしますが、他のモデル志望の女の子と比べて、

 

『脚の長さも顔の小ささも全然違う!』

 

と、自分の体型的にモデル向きではなかったことに気付き、21歳の頃に挫折してしまい、そのとき、モデルの夢は『ゴミ箱の中』に消えてしまいました。

 

それから朝日奈央は、

『仕事を選んでいる場合ではない!有名になるためにはとにかく何でもやりきろう!』

と、考え方をシフトさせたといいます。

 

バラエティーに出ても、『スベるかもしれない…』という恐怖から、毎回入念な準備を欠かさず、それでも視聴者の反応は厳しいもので、握手会を開いても直接面と向かって、『3番目ぐらいに好きだから』と、微妙なコメントばかりだったといいます。

 

しかし、それでも走り続けられたのは、彼女自身が『たとえ3番目でも、愛されているならそれでいい』と、考えを変えたことでした。

 

朝日のように輝きたいなら、何かやれ!

 

その気持ちが眉村ちあきの歌詞に集約されていたため、自分の過去を振り返った時に苦労した記憶が一気にフラッシュバックしてきたのでしょう。

 

(出典:https://40owata.xyz/asahinaohagemaru/)

 

眉村ちあきとは?

 

スポンサーリンク


 

そんな朝日奈央の涙を誘った『眉村ちあき』とはどんな人物なのでしょうか?

今度は彼女のほうにスポットを当ててみましょう。

 

株式会社の社長

眉村ちあきはシンガーソングライターとして活躍する傍ら、株式会社「会社じゃないもん」の代表取締役社長でもあります。

資本金は100万円で、その90%が眉村の自己資金だったそうです。

 

会社の社長といっても、一般的な社長のような堅苦しさはなく、シンガーソングライターだけに、株主になれば、

 

  • 株主総会がまるでステージ。雰囲気が全然違う。
  • ライブに無料or特別招待で参加出来ることもある
  • 儲かったら配当がある。
    次代のブレイクの噂もあるので、これからどんどん株が上がっていく

 

など、一般的な株式会社ではありえないメリットがあります。

 

また、社長だからといってふんぞり返っているのではなく、株主総会なんかも彼女自身が設営をしているくらいです。

 

 

株式会社じゃないもんの大株主はカズレーザーで、彼は30株(30万円相当)を持っていると言われています。

 

シンガー・ソングライターとしての活躍

2015年のデビュー当初は、3人組アイドル『Star-Bright★REX』で活躍していましたが、メンバー1人が脱退し翌年7月から活動休止状態になっています。

その後、ソロ活動を始めて弾き語りライブも行うようになり、会社設立後は会場で株券を売る前代未聞のアーティストになったと話題になりました。

 

そんな彼女は即興力にも長けていて、色んな番組で即興ソングを披露しています。

ライブ・コンサート情報

直近のライブ予定は、『ナマステ・インディア2019』の野外ステージに出演予定があります。

 

ライブ情報
  • 日時:2019年9月28日(土) 14:30~
  • 入場料:無料
  • 場所:代々木公園 イベント広場

 

『ゴッドタン』で聴いたような泣ける歌が聴けるかも知れませんよ。

 

まとめ

『ゴッドタン』で話題になった、眉村ちあきの『朝日のように輝きたいなら』。

バラエティタレント・朝日奈央の過去を濃密に凝縮した曲が彼女の心を捕らえ、涙を誘いました。

 

眉村ちあきはシンガーソングライターとして弾き語りライブを多数催行している傍ら、株式会社の社長でもあり、ライブ会場で株券を売っている前代未聞のアーティストとして話題になっています。

 

シンガーソングライターとしてはそこまでメジャーではなく、小さめの会場でミニライブが開かれているので、彼女の活躍を多く見るのなら今のうちかも知れません。

 

スポンサーリンク


 

-芸能

Copyright© いんたれスクエア , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.