趣味

アナ雪2はいつで前売りは?声優や曲、DVD化、テレビ放送の予定

初回投稿日: 更新日:

2013年、ディズニー史上初のダブルヒロイン作『アナと雪の女王(Frozen)』が公開されて以来6年、続編の『アナと雪の女王2(Frozen2)』が2019年11月22日(金)に、日米同時公開されます。

 

2013年のアナ雪初回作は、最終興行収入254億8,000万円という空前のヒットを記録しました。

世代問わず楽しめる明快なストーリーはもちろん、主題歌の『Let it go~ありのままで~』をはじめとする劇中歌が収録されたサントラは、46万枚を売り上げる異常なまでのヒットとなりました。

※それ以前までは、ディズニーのサントラで最も売れたのが、『アラジン』の26万枚。1.5倍近くにまで膨れ上がりました。

 

さらに、アカデミー賞をダブル受賞という異例の快挙をも成し遂げていました。

 

今回は、アナ雪の続編ということなので、前作を見ていないとついて行けない部分もあるので、この記事で少し振り返ってみようと思います。

 

そして、新作・アナ雪2の声優や主題歌、DVD化やテレビ放送の予定など、現時点で分かっている情報をできる限りたくさんお伝えしていきます。

 

『アナと雪の女王(Frozen)』の前作

スポンサーリンク

あらすじ【ネタバレ有注意!】

 

氷や雪を作り出すことができる不思議な力を持ったエルサ。
幼少期にエルサとアナが雪で遊んでいたとき、エルサの魔法がアナに当たってしまいます。

凍りついてしまったアナをトロールたちが助けてくれましたが、アナはその事故のことを忘れてしまいます。

エルサが成長するにつれ、魔法の力が増し、自分でもコントロールが難しくなってしまいました。
そして、お城の門を閉ざし、エルサの魔法のことを隠すことになります。

それから10年が経ちますが、海難事故によって両親を亡くしてしまう2人。
2人で生きていくことになりますが、エルサの心は開くことがありませんでした。

その後、エルサがアレンデールの女王に即位することになり、戴冠式が執り行われます。
戴冠式後のパーティーでアナは、ハンス王子に出会い恋をします。

 

そのパーティーでアナはエルサに結婚の話をしますが、エルサは受け入れませんでした。
アナとエルサは口論になり、エルサの魔法が暴発。

パーティー会場にいたゲストに魔法を見られてしまったエルサは、城を飛び出します。
城を抜けたエルサは、本当の自分の姿になり、1人で生きていこうとします。

そんなエルサを追いかけてアナが山に向かいます。
雪山で「クリストフ」「スヴェン」「オラフ」に出会います。

 

4人でエルサを説得しに向かいますが、エルサを説得することができずアナは再び、エルサの魔法に受けてしまいます。

エルサの魔法が暴走し、雪男「マシュマロウ」が4人に立ちはだかり追い出されてしまうことに。

氷の魔法を受けてしまったアナは、このままだと死んでしまい「真実の愛」が必要とトロールに教えてもらいます。

クリストフがハンス王子の元にアナを連れていきますが、ハンス王子はアナを助けようとしません。
なぜならアレンデール王国の王となることが目的だったからです。

 

オラフが「真実の愛」に気づき、アナをクリストフの元に連れていこうとします。
しかし、ハンス王子がエルサに剣を振りかざそうとしているところをアナがかばいます。

かばった瞬間、アナは凍りついてしまい、エルサは悲しみに包まれます。
エルサがアナを抱きしめると凍りついてしまった体が溶け、息を吹き返します。

 

「真実の愛」とは、相手を心から思いやること、そして姉妹愛だったのです!
魔法をコントロールできるようになり、凍りついてしまったアレンデール王国も元に戻り、城の扉も開きました。

アレンデール王国に笑顔が溢れ、国民とともにスケートを楽しみエンディングを迎えます。

(出典:https://castel.jp/p/7#i-2)

 

つまり、王家の美人姉妹エルサとアナがヒロインで、2人は仲が良かったがエルサがかけた魔法でアナが危ない目に遭ってしまい、エルサはアナを避けるようになってしまいます。
しかも、エルサは戴冠式でアナの婚約に反対してしまい、2人の溝はさらに深くなってしまいます。

アナとケンカになったことで人々に自分の魔力を知られることになり、ショックを受けたエルサは雪が深く積もった山奥に閉じこもってしまい、王国までもが冬に閉ざされることになります。
アナはクリストフと雪だるまのオラフに助けてもらいながらエルサとのわだかまりを解き、王国には再び平和が戻るというストーリーです。

 

デジタル配信はこちら

YouTube(300円)

GooglePlay(レンタル:300円、購入:2,000円)

 

デジタル配信で前作をチェックするのもいいですが、11月15日に地上波放送が決定しています!

詳しくはのちほど。

 

前作の感想

言うもがなlet it goで一躍有名になったあの映画。
エルサの葛藤と真の愛情を感じれます。

 

何度観てもエルサが自分の城や衣装を創造してくシーンは魅入っちゃう❅*.
オラフも癒されるし好き☃♡

 

観る前と観た後でエルサの印象が全く違った笑
ストーリーはディズニー感全開。幅広い世代が楽しめそうで良き。続編も楽しみ。曲は英語のほうが好きだった。部活でdictationしたのはいい思い出。

※出典元はすべて『Filmarks映画』より

 

何といっても、ヒロイン・エルサの兄弟愛の素晴らしさに感銘を受けたという感想が多い中、雪だるまのオラフが可愛くて癒されるという声も負けないぐらい多かった印象です。

 

雪慣れしていない子どもが初めて作ったような出来損ない(失礼!)な見た目も愛嬌があり、優しい性格の持ち主であることも人気の理由です。

ディズニーなどのテーマパークへ行くと、アナやエルサよりもオラフのグッズのほうが多く感じるぐらいです。

 

声優

前作『アナと雪の女王』の主要キャラクターの声優を紹介していきましょう。

 

アナ役:神田沙也加

(出典:https://www.disney.co.jp/fc/anayuki/character/anna.html)

 

(出典:https://eiga.com/person/32936/

 

1986年東京都生まれ。

両親は松田聖子、神田正輝。ビッグな2人の間に生まれたことが、こういうビッグな役に選ばれたのでしょうか。

もともとは歌手で、『TRUSTRICK』というバンドを結成するも5年で解散。

歌手以外にはミュージカルやドラマ、バラエティなど多岐にわたって活動しています。

 

エルサ役:松たか子

(出典:https://www.disney.co.jp/fc/anayuki/character/elsa.html)

 

(出典:https://eiga.com/person/69623/)

 

1977年東京都生まれの42歳。

42歳には見えない恵まれた容姿で、安定的な人気を維持しています。

20歳で歌手としてデビューし、アナ雪主題歌はフル配信100万ダウンロードを達成しています。

歌手以外にもナレーションや舞台、女優としても活躍しています。

 

クリストフ役:原慎一郎

(出典:http://xn--ogt354ccon.com/4141.html)

 

(出典:http://www.mt-pro.co.jp/profile/hara_sinitirou.html)

 

1979年東京都出身。

テレビドラマでは『暴れん坊将軍』や『はみだし刑事』に出演していましたが、活躍は主に舞台が中心です。

 

オラフ役:武内駿輔

(出典:https://www.disney.co.jp/fc/anayuki/character/olaf.html)

 

(出典:https://www.81produce.co.jp/actor_search/index.php/item?cell003=%E3%81%9F%E8%A1%8C&label=1&cell004=&name=%E6%AD%A6%E5%86%85%E3%80%80%E9%A7%BF%E8%BC%94&id=71)

 

1997年東京都出身。

まだ22歳の超若手ですが、準主役的なオラフという大役を担っていました。

活動は主にテレビ/劇場アニメで、『アイドルマスター』『映画プリパラ』が代表作です。

 

ハンス王子役:津田英佑

(出典:https://www.disney.co.jp/fc/anayuki/character/hans.html)

 

1970年東京都生まれ。

舞台、ドラマ、アニメ、ラジオなど多岐にわたって広く浅く活動しています。

最近は、バラエティ『ザ・カラオケバトル』でも見かけます。

 

ウェーゼルトン公爵役:多田野曜平

(出典:https://ameblo.jp/020219miyuki/entry-12250626640.html)

 

(出典:https://t-echo.co.jp/?page_id=2474)

 

1962年福岡県出身の57歳。

アナ雪声優の中では年長クラスです。

若年層にはあまり知られていませんが、あのクリント・イーストウッドの声を担当していました。

おそらく、声優としてはアナ雪メンバーの中では古株でしょう。

 

パビー役:安崎求

(出典:https://disney.fandom.com/ja/wiki/%E3%83%91%E3%83%93%E3%83%BC)

 

(出典:https://www.horipro.co.jp/azakimotomu/)

 

1960年宮崎県出身。名前は(あざき もとむ)と読みます。

舞台が主な活動の場で、『レ・ミゼラブル』ではマリウス役に抜擢されたほか、数々のミュージカルで主演を演じています。

自らが表舞台に立つだけでなく、若手の歌唱指導や演出などスタッフとしても活動しています。

 

オーケン役:北川勝博

(出典:http://japanese412.blogspot.com/2014/02/8.html)

 

1958年愛知県出身。60歳。

テレビドラマでは『はぐれ刑事・純情派』『マルタイの女』、テレビアニメでは『名探偵コナン』や『NARUTO』など、様々な有名番組に出演しています。

 

カイ役:飯島肇、ゲルダ役:増岡裕子

(出典:https://www.cinemacafe.net/article/2014/04/25/23126.html)

左がカイ、右がゲルダ

 

(出典:https://seigura.com/directory/158/)

 

飯島肇:1973年神奈川県出身。

テレビアニメに数多く出演しており、今の30~40代には『おジャ魔女どれみ シリーズ』が有名でしょう。

最近では『スター☆トゥインクルプリキュア』や『バキ』など、1年間に数本の番組を持っています。

 

(出典:http://www.bungakuza.com/member/prof/masuoka-yuko.htm)

 

増岡裕子:1985年東京都出身。

彼女の初舞台は『トムは真夜中の庭で』。それ以降、吹き替えを主に担当しており、『モンスターズ・ユニバーシティ』や『ダークナイトライジング』あたりが有名どころでしょう。

 

バルダ役:杉村理加

(出典:https://disney.fandom.com/ja/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%80)

 

(出典:https://matome.naver.jp/odai/2140154553939245401/2140154715541222203)

 

1960年、出身地非公開。

映画の吹き替えやテレビアニメが主な活動で、『ミュージック・オブ・ハート』、『スヌーピーとチャーリーブラウン ヨーロッパの旅』がよく知られているかと思います。

 

司教役:竹本和正

(出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13136259493)

 

(出典:http://www.pro-tanc.com/male/takemotokazumasa/)

 

1952年大分県生まれの67歳。アナ雪声優陣最年長。

外見からしても貫録を感じます。

NHKのテレビドラマに多く出演しており、外見と相まって硬派な印象が強いです。

NHKだけでなく、『花村大介』や『さすらい刑事旅情編』、『相棒~season9』など比較的誰もが知るドラマにも多数出演しています。

 

アレンデール国王役:根本泰彦

(出典:https://xn--o9j0bk3kniyep42v38m.com/entry4.html)

 

(出典:https://t-echo.co.jp/?page_id=2465)

 

1958年福島県出身。

主な活動は吹き替え。多くの海外ドラマや映画で活躍しています。

特に、パトリック・デンプシーの吹き替えは専属で担当しており、『ライアンを探せ!』を皮切りに、ディズニー映画の吹き替え版にも頻繁に出演しています。

 

主題歌・劇中歌(Let it go~ありのままで~)

歌詞

<原文>

The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen.
A kingdom of isolation,
and it looks like I'm the Queen
The wind is howling like this swirling storm inside
Couldn't keep it in;
Heaven knows I tried

Don't let them in,
don't let them see
Be the good girl you always have to be
Conceal, don't feel,
don't let them know
Well now they know

Let it go, let it go
Can't hold it back anymore

Let it go, let it go
Turn away and slam the door
I don't care
what they're going to say
Let the storm rage on.
The cold never bothered me anyway

It's funny how some distance
Makes everything seem small
And the fears that once controlled me
Can't get to me at all

It's time to see what I can do
To test the limits and break through
No right, no wrong, no rules for me,
I'm free!

Let it go, let it go
I am one with the wind and sky
Let it go, let it go
You'll never see me cry
Here I stand
And here I'll stay
Let the storm rage on

My power flurries through the air into the ground
My soul is spiraling in frozen fractals all around
And one thought crystallizes like an icy blast
I'm never going back, the past is in the past

Let it go, let it go
And I'll rise like the break of dawn
Let it go, let it go
That perfect girl is gone
Here I stand
In the light of day
Let the storm rage on

The cold never bothered me anyway!

<日本語(直訳)>

山では今夜 雪が白く輝き
足跡も残らない
隔たりの王国、
そして女王様はきっと私ね
風はうなる この内なる嵐のように
もう十分抑えてきたこと 神様は知ってるわ

誰も入れてはだめ
誰にも見せてはだめ
いい子でいなくちゃだめなの
隠さなくちゃ、感情さえも
気づかれてはだめ
でももう、彼らは知ってしまった

もういいの、ありのまま
これ以上我慢なんて出来ない

もういいの、ありのまま
背を向けてドアを思いっきり閉めて
気にしないの
彼らが何を言おうと
嵐よ吹き荒れなさい
とにかくもう気にしないの

笑っちゃうわね 少しの距離が
全てを小さく見せてくれるなんて
私を抑えていた恐怖も
もう苦しめることはないの

今がその時 私の力を知り
限界を試して それを超えるの
正しいことも、間違ったことも、ルールもないわ 私は自由よ!

もういいの、ありのまま
私は風になり空になる
気にしないの、ありのまま
もう私が泣くことはないわ
私はここに立ってる
そしてここにいるの
嵐よ吹き荒れなさい

私の力は 空を舞い大地を揺るがして
魂は凍てつく図形となり渦を巻く
想いは氷の爆風のように結晶となって
もう二度と戻らないの、過去は過ぎ去ったのよ

もういいの、ありのまま
私は新たな夜明けを迎える
気にしない、ありのまま
理想の女の子なんてもういない
私はここに立ってる
陽の光を浴びて
嵐よ吹き荒れなさい

とにかくもう気にしないの!

(出典:http://caffe.takat33.com/2014/03/let-it-go-idina-menzel.html?m=1)

<日本語訳(松たか子Ver.)>

降り始めた雪は 足跡消して
真っ白な世界に ひとりのわたし
風が心にささやくの
このままじゃ ダメなんだと

とまどい 傷つき
誰にも 打ち明けずに 悩んでた
それももう やめよう

ありのままの 姿見せるのよ
ありのままの 自分になるの
何も怖くない 風よ吹け
少しも寒くないわ

悩んでたことが うそみたいね
だってもう自由よ なんでもできる
どこまでやれるか
自分を試したいの

そうよ変わるのよ わたし

ありのままで 空へ風に乗って
ありのままで 飛び出してみるの
二度と 涙は流さないわ
冷たく大地を包み込み
高く舞い上がる 想い描いて
花咲く氷の結晶のように
輝いていたい もう決めたの

これでいいの 自分を好きになって
これでいいの 自分信じて
光あびながら 歩きだそう
少しも寒くないわ

(出典:https://utaten.com/lyric/%E6%9D%BE%E3%81%9F%E3%81%8B%E5%AD%90/Let+It+Go%EF%BD%9E%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BD%9E/)

 

主題歌に込められた意味とは?

この”Let it go”ですが、日本語の題名は『ありのままで』になっていますが、実は、直訳すると【手放す】という意味なんです。(Google翻訳より)

 

【ありのまま】というと、『今のままであなたは素敵だ!』という素晴らしい表現に聞こえますが、直訳の【手放す】だったら…

 

『(関西弁で)もうエエわ…』

『どうにでもなれ!』

 

という、投げやりな印象の言葉になりますし、先ほどの直訳文でも『もういいの』という訳になっています。

何だか、悲しくなるような…

 

しかし、それってある意味人間の本心に近いですよね。

私たちは普段、キレイ事ばかり口にして生きている訳がありませんね(爆)

例えば、物覚えが悪い後輩や部下に対して表向きは、『ありのままで良いよ。ゆっくり覚えていこう』と言いながら、内心では『もうエエわ!』なんて思っていること、多いんじゃないでしょうか(笑)

 

ただ、そういうのも自然に逆らわずなりゆきに任せ、捉え方によっては吹っ切れたという意味にもとれます。

レリゴーのMVではエルサが登場しますが、原版は『もう悩まない!周りなんか関係ない!』と、気持ちが吹っ切れてから曲のクライマックスを迎えます。

 

原文をそのまま直訳すると少し生々しくなりますが、結局、訳文は日本人好みにしたのではないかと思われます。

日本人はとにかく建前が好きで本心を隠したがる性分ですから、原文を少し美化したと考えられます。

 

また、これも重要なことですが、メロディーのついた歌詞を英語の原文から日本語訳にするとき、文字数が合うことなんてまずあり得ず、歌詞が字余り/字足らずになって不自然になります。

 

そういう理由からしても、原文に当たらずとも遠からずな具合に意訳したものと思われます。

 

歌手は誰?

この劇中歌の日本語バージョンは松たか子、エンディングはMay.J、2パターンあることはよく知られていますが、原文のレリゴーは誰が歌っているか?はあまり知られていないのではないでしょうか。

 

原文の歌い手は、イディナ・メンゼルというアメリカの歌手がオリジナルで、ストーリーの中でもエルサの声優を務めています。

 

(出典:https://ellegirl.jp/article/e_frozen_trivia_17_0303/4/)

 

彼女は、1971年ニューヨーク出身。

小さいころから歌うことが好きでいつも歌っていて、両親に連れられてブロードウェイを観るためによくマンハッタンに行ったそうです。

始めて観たミュージカル『アニー』で感銘を受けたことがキッカケでミュージカルを志すようになり、25歳の時に1996年公開の舞台『レント』のモーリーン役でブロードウェイ・デビューを果たしました。

レリゴーでは、アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞したことがキッカケで、一気に世界的に知れ渡ることになります。

 

レリゴーに限らず、やはりアメリカの音楽、特にボーカルの実力は総じてハイレベルです。

高音でもかすれたり弱くなったりしないところは、日本人が聴いて圧倒されてしまう理由のひとつでしょう。

 

 

42カ国の”レリゴー”を聴き比べよう

このレリゴーは世界的に知られるようになっただけに、各国で歌われています。

紹介する動画は何を言っているのか分からないのと、『レリゴー~』でも『ありの~』でもない完全オリジナルな所が面白おかしく聴こえます。

 

もちろん、日本語と同じく英語→各国語に訳すときにも字余り/字足らずが出てくるので、原文訳からある程度崩しています。

これから紹介する動画は、各国の言葉の日本語も出てくるので、英語→日本語訳との違いも感じながら聴いてみると面白いです。

 

 

11月15日、地上波放送決定!

アナ雪2公開を記念して、前作が11月15日、地上波で放送となります。

 

アナ雪地上波放送予定▼
  • 番組名:金曜ロードSHOW!「アナと雪の女王」(日本テレビ系)
  • 放送日・時間:2019年11月15日(金)、21:00~

 

本編ノーカットなのが嬉しいですね。

 

日本テレビ系列ですからほとんどの地域で観ることができますが、沖縄・大分・佐賀では放送されません

レンタルショップかデジタル配信サービスを利用するのが良いでしょう。

 

『アナ雪2』ロードショー・上映情報

スポンサーリンク

これまで、前作のアナ雪を見てきましたが、いよいよアナ雪2の解説に移ります。

この記事で、しっかり予習しておきましょう(笑)

 

公開日(いつからいつまで?)

冒頭のとおり、公開日は2019年11月22日、日米同時公開です。

 

 

そして、公開日は分かったけど、いつまで観られるの?というのも気になるかと思います。

でも、映画はどの作品も公開はいつまで、というのは決められていません

 

というのも、映画も商売であることには変わりなく、観客の少ない作品を長々と上映するわけにもいかないのです。

 

そこで、過去の作品がどうだったのかの傾向から、アナ雪2がいつまで上映されるのか、予想してみました。

アナ雪は国内でも屈指を誇る観客動員数・興行収入となり、上映期間も2014年3月14日から9月上旬までの半年弱という異例の長期間上映でした。

 

しかし、今回は続編。

過去の傾向からして、続編が初回作を上回るということはほぼありません。

良くて8割といったところでしょうか。

 

となると、アナ雪2は大成功したとしても前作と同じ半年程度

これまでの平均的な傾向からすれば、3ヶ月前後の上映期間になる可能性が高いでしょう。

 

声優は誰?

アナ雪2の声優は、今のところ2人のヒロインのみ決定していて、それぞれ前作と同じく、松たか子神田沙也加が担当します。

 

その他のキャラはまだ発表はありませんが、原語版のオラフ・クリストフ・ハンス王子の声優が全て前作から変わっていないことからすると、吹替え版でもそのまま続投になるかも知れません。

 

主題歌・劇中歌

主題歌・劇中歌も気になるところですね。

 

曲題は『Into the unknown(イントゥ・ジ・アンノウン)』

 

 

前作のレリゴーは、“ありのまま”の自分を受け入れたエルサが多くを手放し吹っ切れる様子が描かれた曲です。

アナ雪2では、氷を操ることができるエルサの秘密が明かされる本編ストーリーに沿って、彼女だけにしか聞こえない“不思議な歌声”をきっかけに、再び自身の“力”と向き合い、迷いを感じながらもまだ見ぬ“未知なる世界へ”と踏み出そうとする彼女の想いが溢れた曲です。

”unknown”=未知へ、”into”=飛び込むという意味から、ほぼ直訳に近いですが、原文の歌詞を見てみましょう。

 

I can hear you but I won’t

Some look for trouble while others don’t

Everyone I’ve ever loved is here within these walls

I’m sorry secret siren but I’m blocking out your calls

I’ve had my adventure I don’t need something new

I’m afraid what I’m risking if I follow you into the unknown

Are you out there? Do you know me

Can you feel me? Can you show me?

(出典:https://disneylanguage.com/IntoTheUnknown.html)

 

では、この歌詞を直訳してみましょう。

 

 

日本語直訳文▼

聞こえる。いや、聞こえない。

トラブルを追い求める人とそうでない人

私が今まで愛した誰もが壁の中にいるの

秘密の音よ!すまないけど、あなたの呼び声をシャットアウトしているの

冒険なんか経験済みだから、新しいものは必要ないわ

あなたを未知の世界に連れて行くなんて、危険にさらすことが恐い

あなたはそこにいるの? 私のことを知っているの

私の存在を感じる? 姿を見せて

 

 

直訳だけでも、何となく本編のエルサの様子がうかがえます。

アナ雪2のポイントは”不思議な歌声”(歌詞の中では”秘密の音”)。

ヒロイン(エルサ)は、必死にその声を聞いて聞こえぬふりをします。

それでも聞こえてくる声にどう向き合っていくか?というところが注目すべき点かもしれません。

 

今回の楽曲を手掛けたのは、前作のレリゴーも担当したロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻です。

歌手の正式な発表はありませんが、声優もヒロインが2人とも続投だったことを考えれば、今回もオリジナルはイディナ・メンゼルで、日本語訳は松たか子になる可能性は高いでしょう。

 

(出典:https://www.cinematoday.jp/news/N0099142)

 

前売りチケット

アナ雪2前売券は10月4日(金)より販売開始です。

今回も前作に引き続いて前売券限定の特典がつきます。

今回は、ポストカード3枚セット付ムビチケカードです。

5種類あるので、好きなデザインを選べるのが楽しみですね。

 

(出典:https://www.disney.co.jp/movie/anayuki2/news/20190926_01.html)

 

 

前売券情報

一般券:1,400円 (税込)

小人券:900円 (税込)

特典付き前売りムビチケ販売劇場

 

 

なお、前売券の販売は各地域の劇場で販売しています。チケットはなくなり次第終了なので、早めに買っておきましょう。

また、現在は劇場販売のみ公開されていますが、直前でコンビニ販売のお知らせがあるかも知れません。

 

『アナ雪2』DVD化やテレビ放送は?

アナ雪2は未公開なのでDVD化やテレビ放送の予定はまだありませんが、前作がどうだったか少し見てみましょう。

 

前作のアナ雪は、

  • 2013年11月27日:全米公開
  • 2014年3月14日:日本国内公開
  • 2014月3月18日:DVD発売日
  • 2017年3月4日:地上波初登場

で、アナ雪2でも同じくらいのスケジュール感になるでしょう。

 

ただ、DVDの発売は国内での公開からたったの4日なので、さすがにそこまでは早くならないかと思います。

なので、

 

アナ雪2今後の予想▼
  • DVD発売:2020年3月ごろ
  • 地上波初放送:2023年3月ごろ

 

ぐらいになるのではと思います。

どちらも、前作アナ雪の全米公開日からの日数が同じだった場合の計算です。

 

まとめ

『千と千尋の神隠し』、『タイタニック』に次ぐ興行収入を誇るアナ雪の続編・アナと雪の女王2(Frozen2)について情報をまとめてきました。

予備情報も含めてかなり詳しく書いてきたので、簡単におさらいしておきます。

 

 

まとめ▼

〈確定情報〉

  • 2019年11月22日(金)公開
  • アナとエルサの声優は前作と同じ
  • 前売券は10月4日、劇場にて発売。特典はポストカード3枚。
  • 前作アナ雪は11月15日(金)地上波放送

〈予想情報〉

  • オラフ、クリストフ、ハンス王子の吹替版声優も前作と同じ?
  • 主題歌『イントゥ・ジ・アンノウン』日本語版の歌い手も松たか子?
  • 上映期間は3~6か月程度?

 

 

公開日が待ち遠しいですね!

スポンサーリンク

-趣味

Copyright© いんたれスクエア , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.